医院ブログ

News電動歯ブラシはどれくらい効果あるの?

電動歯ブラシはどれくらい効果あるの?

 

ブラッシング指導を行っていると、患者さんから「電動歯ブラシってどうですか?」とよく聞かれます。ブラッシング指導を受けてモチベーションが上がった患者さんほど、ブラッシング関係の話題には敏感になっているはずです。電動歯ブラシの有効性についてはCM等でもしばしば宣伝されているので、患者さんはどうしても気になるのでしょう。

 

今回は電動歯ブラシの種類や違い効果についてお話していきたいと思います。

電動歯ブラシには、大きく分けて、超音波式音波式電動式の3種類があります。

超音波式は振動回転数が120~160万回/秒(振動しているのを感じないレベル)、音波式3万回/分(振動を感じるレベル)、電動式数千~1万回/分(結構振動を感じるレベル)です。

 

ではどのタイプがいいのか?回転振動数からみれば超音波式が良さそうに感じますが、実はそうではありません超音波式は振動が早すぎて、見た目ではブラシが動いてはみえません。つまり歯ブラシのように自分で動かす必要があります。

超音波式音波式ではそもそも使用する目的が違います。

普通の歯ブラシを使うよりも、もっと短時間で効果的にプラークを除去したいという方には音波式の方がおススメです。

超音波式はそういった目的はなく、超音波の力で細菌に物理的にダメージを与えるなどの効果を期待するものであり、プラークを短時間で除去する目的には合っていないようです。

現に市場で出回っている電動ブラシでおススメできる超音波ブラシはありません。

 

そこで、おススメする電動歯ブラシを紹介すると、

音波式の代表格であるフィリップスの「ソニッケアー」です。私も愛用しているこの「ソニッケアー」は、なんといっても良くプラークがとれる事です。使用後の歯のツルツル感がたまりません。

続いておススメするのは、電動式のブラウンの「オーラルB」です。かつて使用した事がありますが、プラークの除去効率はかなり高く使用後のツルツル感もあります。ただ「ソニッケアー」よりも振動が強く人によってはむず痒いと感じる方もいるかもしれません。

 

電動歯ブラシを使っているけど、なかなかプラークコントロールが上達しない方がいます。それは、もしかしたらプラーク除去効率の悪いものを使っている可能性があります。

 

当医院では、お使いの電動歯ブラシが効果的なものなのか実際に医院に持参してもらい診断しておりますので、気になる方は相談してください。

坂戸駅の歯医者 富士虎ノ門歯科医院

坂戸駅の歯医者富士虎ノ門歯科医院

〒350-0233 埼玉県坂戸市南町3-2
平日・土 9:00~12:00 / 13:00~21:00
日・祝 9:00~12:00 / 13:00~18:00
年中無休