医院ブログ

News歯周病の治療=歯のお掃除ではない! part1

歯周病の治療=歯のお掃除ではない! part1

こんにちは。坂戸駅前富士虎ノ門歯科医院です。

今回は歯周病の治療ってどんなことするの?についてお話していきます。

歯周病の治療=歯のお掃除だと思っている方も多いと思います。

逆に言うと、歯のお掃除をすれば歯周病が治るのか?という疑問に到達します。

答えは半分正解で半分間違いです。このあたりを深く追求していきましょう!

 

そもそも歯周病が治った状態とはどんな状態だと思いますか?

これは歯科医師の中でも答えが曖昧だと思います。

中には歯周病は治らないと言う先生もいると思います。

 

歯周病が治ったという状態は

出血がなくポケットが4mm以下の状態を指します。

 

歯周病に罹患した歯は深いポケットを形成し、深いポケット内にバイオフィルムを形成して骨を溶かしていきます。

このバイオフィルムを一掃し深いポケットを浅いポケット(4mm以下)にするのが歯周病の治療になります。

具体的にどのような治療をするのか?

ステップ1:ブラッシング指導

以前の記事でも紹介したようにプラークコントロールが治療の成績を左右させるので非常に大事な治療になります。

ステップ2:歯肉縁上ディブライドメント

ポケットの深い所を治療する前に歯ぐきよりも上の領域のバイオフィルムを除去し綺麗にしていきます。いわゆる「スケーリング」と呼ばれたり、「歯のお掃除」と呼ばれたりします。

実は今回のテーマである歯周病の治療=歯のお掃除という認識がなされるのは、この治療を行って治療が終了している事が多いからです。

歯周病と診断を受けて、「歯石を取る」=「歯肉縁上スケーリング」=「歯のお掃除」=「歯周病の治療が完了した」と認識してしまうのです。

もちろんポケットが浅い場合、この2の処置まで行う事で歯周病が治る事が多いです。

しかし、ポケットが深い場合、2の処置だけでは治らない(ポケットが4mm以下にならない)事もあるのです。

故に、歯のお掃除をすれば歯周病は治るのかに対して半分正解で半分不正解なのです。

この先に続く治療内容に関してはまた別の記事で紹介していきます。

坂戸駅南口徒歩1分

〒350-0233 埼玉県坂戸市南町3−2

 049-289-9307

富士虎ノ門歯科医院

坂戸駅の歯医者 富士虎ノ門歯科医院

坂戸駅の歯医者富士虎ノ門歯科医院

〒350-0233 埼玉県坂戸市南町3-2
平日・土 9:00~12:00 / 13:00~21:00
日・祝 9:00~12:00 / 13:00~18:00
年中無休