医院ブログ

News歯ブラシの限界

歯ブラシの限界

こんにちは。坂戸駅前富士虎ノ門歯科医院です。

歯医者さんで「歯ブラシを頑張れば歯周病の進行を遅らせられます」と言われたことはないでしょうか?実は、良く聞くこのワードは半分正解で半分間違いなのです。

 

今回は歯ブラシを頑張っているのに歯周病が進行してしまう、そんな方に見ていただきたい記事にしました。

Westfeltら(1998)の論文でこんな事が証明されました。

A群では歯肉縁上のプラークコントロールと歯肉縁下スケーリングを

B群では歯肉縁上のプラークコントロールのみ行われました。

その結果、7mm以上のポケットがあった部位で歯周病が進行したのは

A群では3%程度、B群では32%程歯周病が進行しました。

 

つまりポケットが深い所は歯ブラシをいくら頑張っても歯周病が進行するということです。

歯ブラシの毛先が届くのはせいぜい2,3mm程度ですから、4mm以上のポケットを有している歯は注意が必要なのです。

ちなみに歯周病学会のガイドラインにも歯周病と診断するポケットの深さが4mm以上と

定義されています。

 

今回の「歯ブラシを頑張れば歯周病の進行を遅らせられます。」の本来の意味は

ポケット4mm以下の方は歯ブラシを頑張れば進行を遅らせられる、もしくは進行をとめる事ができます。

逆に、ポケット4mm以上の方は歯周病の治療をしてポケットを4mm以下にすれば、歯ブラシで進行は遅らせる,もしくは進行をとめる事ができる

となるわけです。

 

では、歯周病の治療とは?

歯のお掃除や歯石取りの事だと思っていませんか?

実は違います。また別の記事で紹介していきたいと思います。

坂戸駅の歯医者 富士虎ノ門歯科医院

坂戸駅の歯医者富士虎ノ門歯科医院

〒350-0233 埼玉県坂戸市南町3-2
平日・土 9:00~12:00 / 13:00~21:00
日・祝 9:00~12:00 / 13:00~18:00
年中無休